読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットの泉で綺麗に痩せよう!

キレイに健康的にそしてバランスよく痩せるために効果があるダイエットのためのサポート商品の紹介や生活習慣、食事、マッサージなどダイエットに役立つ情報を書いています。

生漢煎 『防風通聖散』の服用方法と効果的な使用方法

生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)

 

我が家の主人が会社の健康診断でメタボ判定を受けて服用を始めた生漢煎 『防風通聖散』ですが服用方法と効果的な使用方法を紹介します。

 

生漢煎 『防風通聖散』は漢方薬なので食前に服用するのが良いとされています。

 

これは漢方薬の作用に関係するみたいですね。

胃酸で分解されますので、穏やかにじっくりより効果的に作用する為です。

 

生漢煎 『防風通聖散』の効果効能は4つの作用(汗をかかせ、便をだし、熱を冷まし、尿を排出する)事で新陳代謝を高めて脂肪を分解し燃焼を促進することですので、運動などと組み合わせて服用していく事で最高に効果が発揮します。

 

ダイエット効果をより望むなら運動を始める前にお湯で服用するのがおススメです。

 

我が家の主人も休日には息子と一緒にロードバイクに乗りますので、いつも出発前に白湯と一緒に生漢煎 『防風通聖散』を飲んでいますよ。

 

主人曰く「生漢煎 『防風通聖散』を飲んでロードバイクを漕ぐと、汗のでかたが凄いよ」と言ってます。

 

漢方薬の特徴としてお腹が空腹の時が胃に生薬が吸収されやすいんですが、胃が荒れやすい方は食後がいい様ですね。

主人は今まで薬を飲む習慣がなかったので、時々食前に飲み忘れるんですが、そんな時は食後にあわてて飲んでいますね。

 

主人のように飲み忘れた場合には食後でもいいので飲んでいいようですよ。

 

服用時には水がいいのでしょうか?それとも白湯がいいのでしょうか?

生漢煎 『防風通聖散』は有効成分を抽出、乾燥、加工した「エキス剤」になりますので白湯と一緒に服用されたり、またはお湯に溶かして飲んでもいいようです。

そして水で服用しても別に問題はありません。

 

服用時には白湯でもお水でも特に決まりはないのであなたの好きな飲み方でいいようです。

 

我が家の主人は白湯の方が胃で早く吸収されそうだ・・・と言って白湯で飲んでいますね~(笑)

 

我が家の主人も生漢煎 『防風通聖散』を飲んでメタボ脱出中です!

 

お腹周りの脂肪を減らしたいと考えていてまだ一度も生漢煎 『防風通聖散』を試されていない方にはいいですよ♪

詳しい詳細はコチラをご覧ください↓

 

FX